二次会幹事さん必見!景品あれこれ、今時事情

>

結婚式の二次会を盛り上げるためには

一つの頭より多くの知恵

結婚式といいますと、やはり一生に一度のものですから、大切な思い出にしたいものです。
そんな大役を任せられた幹事さんとしては、やはりプロに相談するのが一番でしょう。
会場にも、各関連業者にも場数を踏んだプロがいるわけですから、遠慮するのはもったいないです。
景品サイトでも、ただ選ぶのではなく、相談用にアクセスできるシステムがありますから、不明な点への質問だけでなくアドバイスをもらいましょう。
結婚式の二次会の場合は、新郎新婦の出身地にちなんだ景品なども喜ばれるようです。金額的には手軽で喜ばれる景品として、覚えておきたいアイデアといえそうです。
景品に限らず、ゲームなどでも新郎新婦を巻き込んだものにすることで、いい思い出にすることができます。

気を付けておきたい点

結婚式の二次会は、披露宴のゲストがおおむね決まってから準備が始まることが多いので、幹事さんのスケジュールはタイトになりがちです。
新郎新婦さんとの打ち合わせができたら、すぐに動き出す必要があります。会場を抑えたり招待状を送ったり、その間いろんな皆さんの知恵を聞くことも大切ですが、何より、新郎新婦さんと緊密に連絡を取ることが一番でしょう。
会費制であれば、当日はお釣りの用意なども必要となります。
結婚式の二次会では、みんなで盛り上がることも大切ですが、ゲームなどの企画が多すぎて、せっかくの新郎新婦との歓談の時間がなくなってしまっては残念なことにもなりかねません。サイトなどで紹介しているデータによりますと、一時間にひとつくらいの企画が目安のようです。


この記事をシェアする